Newsfeed

新着情報

インフルエンザや胃腸炎などの原因菌を安全に無害化いたします

安全で過ごせる環境づくりを化学の力でお手伝いしています。保育園や病院、高齢者施設などでは感染症の蔓延による影響が強く出てしまうため、他の場所よりも徹底した感染症対策に努めていることでしょう。特に、お子様や高齢者の方は免疫力が弱いため、ウイルスに感染すると体調を崩しやすくまた重症化リスクも高いため注意が必要です。とはいっても、多くの人が密集したり、出入りしたりするような状況の中でウイルスの侵入や蔓延を完全に防ぐのは難しいのが現状です。

そこで、プラチナチタンのパワーでウイルスや菌を無害化します。

  • オミクロン亜種(BA.2)とは?
    2022/02/25
    ステルスオミクロン株が日本でも報告されました。感染力がさらに強いとされる「オミクロン株」 〝亜種” 現在、日本で猛威をふるうオミクロン株(BA.1)はデルタ株の2~5倍の感染力といいます。 オミクロン亜...
  • エアープロットマスクと一般マスクとの比較
    2022/02/10
    一般マスクとエアープロットマスクの比較を表にまとめました。一般マスクとの比較 対策方法 不織布マスク ウレタンマスク  エアープロットN95 高級プラチナマスク 0%カット 80%カット...
  • 「不織布マスク着用」でもオミクロン株感染のリスク
    2022/02/10
    マスクをつけずに新型コロナウイルスの感染者と2メートルの距離で15分間対面で会話した場合、 オミクロン株では、およそ最大60%の確率で感染し、 デルタ株では、およそ最大4...
  • 新型コロナ「オミクロン株」の性質
    2021/12/17
    新型コロナウイルス「オミクロン」が、2021年11月南アフリカで最初に発見されました。現在、コロナウイルスがオミクロン株へ置き換わりつつあり、凄まじい感染力で猛威を振るっています。現時点で、オミクロン株...
  • 国内コロナウイルスワクチンの開発状況
    2021/10/22
    新型コロナウイルス対策の切り札として期待されているワクチン。接種の状況や供給の見通しなど、国内の動向をまとめました。10月19日政府より公表時点の国内の新型コロナウイルスワクチン接種した人は、1回以上...
  • 「ミュー株」、「新たなデルタ株」はどのくらいの...
    2021/09/01
    ミュー株は2021年1月にコロンビアで世界で最初に見つかりました。 現在はコロンビア(39%)、エクアドル(13%)などの南米諸国で主流な変異株の一つとなっています9月4日時点で日本を含む46カ国でミュー株が検出され...
  • 新たなデルタ株の出現
    2021/09/01
    8月中旬に大学の附属病院を受診した患者を調べたところ、新たなデルタ変異株が国内初めて確認されたという。デルタ株は、すでに変異しているウイルスだが、感染力をあげることに関わるという、アルファ株に似た...
  • 変異ウイルスの性質
    2021/08/10
    変異ウイルスが広がってきていますが、各ウイルスは、どのような性質があるか表にまとめました。代表的な変異ウイルス4つと新たに発見されたラムダ株(ペルー株)を載せています。イギリス株(アルファ株)は、...
  • 変異ウイルスの種類
    2021/08/10
    日々、コロナウイルス感染者の急増をみて、不安な日々をお過ごしかと思います。現在コロナウイルスは従来型から変異ウイルスに置き換わりつつあります。変異ウイルスは数種類もあり、代表的なものでも、「イギリ...

福岡県を拠点に九州全域にて、保育園や病院などでも導入実績があるプラチナチタンのガラスコーティング。プラチナチタンは、化粧品や歯磨き粉といった私たちの身の回りで使われている商品に広く使われている安全性の高い物質であり、それが太陽光と反応することで強い除菌パワーを発するのです。例えば、アレルギーを引き起こす原因である花粉やハウスダスト、PM2.5といった有害物質に驚異的な速さで結びついてくれて水と二酸化炭素に分解してくれるのです。

そのため、不特定多数の方が利用される場所や病院や保育園といった抵抗力の弱い方が多く集まるような場所で、施工をされるとインフルエンザなどの原因菌も強力に除去してくれるので、集団感染のリスクを大きく低減できます。誤って小さなお子様が舐めてしまったとしても身体に害はなく、効果が落ちることもありません。